手関節と手指の基礎知識

手関節と手指の基礎知識

今回は急性期の作業療法士が関わることの多い疾患の一つ。手関節や指の疾患。
その中でも、手関節と指の基礎知識について掲載しました。

 

手関節

手関節は橈骨手根関節、手根中央関節、遠位橈尺関節から構成されています。
橈骨手根関節と遠位橈尺関節は三角線維軟骨複合体(traingular fibrocartilage complex:TFCC)で分かれています。
TFCCは手関節尺側の安定性を高める働きと回内外運動を制動する働きがあります。断裂や損傷時は回内外運動時に疼痛や遠位橈尺関節の不安定性が生じます。
*TFCC損傷の鑑別診断は造影検査や関節鏡を用いて損傷の有無を調べます。

主な疾患
・橈骨遠位端骨折
・TFCC損傷
・尺骨突き上げ症候群
・手根骨靭帯損傷
・舟状骨骨折
・RA(関節リウマチ)

 

手指の関節

手指は、CM関節(手根中手関節)、MP関節(中手指節骨間関節)、IP関節(指節間関節)と呼ばれる関節から構成されています。
母指は大菱形骨と第1中手骨間で関節構造(鞍関節)を持つために、母指の対立運動が可能となるため”つまみ”や”握り”といった動作が可能となります。握りの動作は力強い握り、正確な握りがあります。

  • 力強い握り:母指と他の4指が対立位となり、第4・5の中手骨のCM関節での可動性が重要。筋はMP関節を屈曲させる虫様筋・骨間筋と母指内転筋が重要。
  • 正確な握り:つまみの動作は主に母指・示指・中指で行われる。主要な筋は第2深指屈筋・短母指屈筋・短母指外転筋・母指内転筋。

 
 

筋・腱

手には手内在筋と前腕に起始や筋腹をもつ手外在筋がある。
手内在筋は母指球筋群、小指球筋群、虫様筋、骨間筋がある。

  • 虫様筋(支配神経:第2-3は正中神経、第4-5は尺骨神経):MP関節の屈曲・PIP関節とDIP関節の伸展に機能する。
  • 骨間筋(支配神経:尺骨神経):MP関節の屈曲・PIP関節とDIP関節の伸展と同時に指の内外転に機能する。

 

更に、上腕や前腕に起始があり手の運動に関与する筋は腱となって手関節部を通過する。深指屈筋は7cm、浅指屈筋は6.4cm、伸筋腱は5cm滑走する。
腱の滑走を円滑にする構造を、腱鞘とよび、靭帯性腱鞘滑膜性腱鞘がある。

  • 靭帯性腱鞘(pulley):指の屈筋腱周囲のみに認め、筋に収縮を入れ指が屈曲した際に腱の浮き上がり(bow stringing)を抑制する働きがある
  • 滑膜性腱鞘:2層の滑膜があり、二層の間には滑液で満たされ滑走が行える様にしている

そして、第2ー5指の伸展運動は単一の筋腱でなく複数の筋・腱が複雑に交錯して形成されています。これを、伸展機構(extensor mechanism)と呼びます。指伸展機構は薄い腱膜から成り、指背腱膜は指伸筋腱・骨間筋腱・虫様筋腱と補助組織の矢状索・骨間筋腱膜・三角状靭帯・支靭帯・側索などから構成されている。

 
 

主な疾患
・屈筋腱損傷
・伸筋腱損傷
・RA性伸筋腱皮下断裂
・指の化膿性疾患
・末梢神経障害(橈骨・正中・尺骨神経麻痺)

まとめ

今回は、新人・若手の作業療法士の方向けに手関節や手指の筋・腱の大切な箇所について記載しました。
難しい箇所もありますが、ぜひ苦手意識は持たずに勉強してください。

 
 

参考文献

・中村隆一:基礎運動学
・MB Med Reha:手指・手関節外科のリハビリテーション:2008年
 
 

2 COMMENTS

作業療法士向け解剖学:筋・神経 | ot-hack へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です