認定作業療法士について解説

認定作業療法士と認定作業療法士取得の方法について解説

今回は認定作業療法士と認定作業療法の取得方法について分かりやすく解説・説明します。認定作業療法士とは日本作業療法士協会が設立したものです。認定作業療法士を取得しなければ専門作業療法士にはなれません。認定作業療法士と認定作業療法士の取得の流れをわかりやすくまとめましたので、参考にしてください。

認定作業療法士について日本作業療法士協会から抜粋しました。

認定作業療法士とは

認定作業療法士とは「社団法人日本作業療法士協会認定作業療法士とは、作業療法の臨床実践、教育、研究及び管理運営に関する一定水準以上の能力を有する作業療法士を本会が認定したものをいう。(認定作業療法士規程 第3 条 )」 認定作業療法士の能力の水準は、次のとおりである。臨床実践能力:各病期、各領域などにおける対象者に対する作業療法の評価、介入、効果判定の一連の流れを実践する能力はもとより、他職種との連携社会資源の活用、職場行政などの制度の利用を含めた、総合的かつ継続的に作業療法を提供していく過程予後(将来的展望)に立った作業療法の展開を実践する能力とする。教育能力:作業療法士養成課程での教育能力としては、養成施設学校における教員としての教育能力である。臨床実習指導者として、また職場での指導者としての教育能力は、後輩への知識・技術のなどの伝達者としての能力である。研究能力:日常の臨床実践経験をもとに実践報告作業療法学の発展のための研究が行える能力である。管理運営能力:職務に関わる関連諸制度を理解し、職場での管理運営を執行できる能力である。また、日本作業療法士協会の役割を理解し、協会発展に寄与する能力も含める。作業療法士として臨床実践に臨むにあたり、基礎的で共通の知識の学習と生涯学習の意義方向性の理解を深め、臨床実践の基礎を学習する。

引用:作業療法士協会


 

 

要するに一定の水準を満たした作業療法士が認定作業療法士ということです。(一定の水準:学会で決めた水準)

 

 

認定作業療法士のメリット

・認定作業療法士を取得すると給料がアップする病院や施設がある
・認定作業療法士を取得することで外部の講義の依頼が来ることや講義料もアップします
・認定作業療法士を取得していることで他の研修会で発表する際の肩書きに利用

 

認定作業療法士のデメリット

 

・取得までに多くの時間がかかる
・認定作業療法士を取得している療法士の増加
・認定作業療法士取得にお金がかかる

メリット・デメリット存在しますが、現在は認定作業療法士が取得しやすい環境と思いますので狙っている方は早めに取得してください

 

 

認定作業療法士取得の流れを解説

若手作業療法士さん向けに作業療法士協会の認定作業療法士取得方法についてわかりやすくまとめました。

認定作業療法士になるためには何が必要か?というと、認定作業療法士になるためには、日本作業療法士協会の入会が必要です。それと同時に各都道府県士会への入会も必須です。下記にオーソドックスな取得までの流れを記載しました

 

認定作業療法士の取得の流れ

 

step1:基礎研修終了と基礎研修ポイント(50P)を集める

step2:必須書類を記載し日本作業療法士協会に提出

step3:基礎研修修了

step4:認定作業療法共通研修・認定作業療法選択研修を受講する

step5:研修と同時に事例報告制度に1事例以上報告 + 学会発表や論文を書く

step6:必須書類を作業療法士協会に提出する

 

 

step1:各都道府県で行われている基礎研修を終了すること。基礎研修は共通研修(10講座)と選択研修(2講座)があり2種類終了しなければなりません。それと同時に基礎研修ポイントを50p以上取得しなければなりません。

step2:必須書類は①生涯教育手帳 ②会員証の写し ③返信用封筒(基礎研修修了証を送るために必要)です

step3:基礎研修を終えると修了証がもらえます 返信用封筒を用いて届く予定ですが2−4週間程度かかります。

step4:共通研修は管理運営・研究法・教育法の3講座が共通研修です。選択研修は身体障害領域・老年期領域・精神科領域・発達領域の中2講座の受講が必須です。しかし、身体障害を2回選択し選択研修を終える事も可能です。

共通研修・選択研修は全国各地で行われますが人気の会場は定員オーバーとなりやすいです。どうしても当該年度中に認定研修会を終わらせたい場合は地方都市開催の会場へ申し込む事もしくは複数回研修会に応募すると良いです。

step5:事例報告は必ず作業療法士協会に1事例の登録が義務付けされています。ですので必ず応募するようにしてください。

step6:必須書類を作業療法士協会に提出します。各認定研修会で合格した合格証と各都道府県士会に申請し会員歴証明を受け取り提出してください。また5年間の実務経験も必要ですのでこれは職場に問い合わせるようにしてください。

 

 

 

認定作業療法士取得に必要な費用な時間は?

・講義の受講料:8,000円。各講義に必要のため5講座×8,000円=40,000円となります
・講義は2日間計10日行い、1日目はほぼ朝から夜まで缶詰になり講義やグループワークを行います
・このほか遠方に行く際には宿泊代や旅費がかかりますので、最低限の費用で40,000円ですがそれ以上は経費が必要です。

 

 

 

まとめ

今回示した流れはオーソドックスな取得の流れですので、このほかにも取得方法はあります。認定研修につきましても別の研修受講システムが存在します。また事例報告につきましても、協会に登録する事例報告は1事例ですが、3例ともに協会に登録しても良いですし、1例事例登録+2例は学会発表でも代用可能です。また2018年に事例報告制度について更新されたので、日本作業療法士協会のHPも参考にしてください。

 

一例ですのでご参考にしていただければと思います。日本作業療法士協会も認定作業療法士の人数を増やそうと年々研修会が多くなってますのでこの機会に取得してみてはいかがでしょうか。

 


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です