社会人マナー

社会人のマナーについて

療法士となると一社会人となります。療法士はマナーを学ぶ機会が少ないですが、こちらを参考にして身につけましょう。

社会人として恥ずかしくないことも、今後出世する鍵となりますので身につけてください。

 

 

名刺交換の方法を習得

療法士の方々はこのようなマナーを学ぶ機会が少ないと思いますので参考にしてください。

まず名刺は自分の身分証明書です。

1まず挨拶を行う(会釈する)
2名刺を両手で差し出し、わたそ直前に右手で持って、相手の左手に置く
3左手で相手の名刺を受け取る
4名刺を確認する

複数で交換する場合もマナーがありますが、まずはここがベースですのでしっかり基礎を学びましょう

 

 

接客時にお茶を出す出し方を習得

病院やスタッフルームにお客様がいらっしゃることがあります。その際にお客様に失礼のないようお茶を出す方法です。

1お茶を入れる(お茶の際は湯飲みに順番に少しずつ入れましょう)
2お盆に乗せる(茶托がある場合は茶托の上に湯飲みをのせましょう)
*コーヒーの場合は、ミルクと砂糖を余分に乗せることもお客様へのちょっとした配慮となります
3お茶を運び部屋に入る
*部屋の中に入る際は、必ずノックをしましょう。入る際は「失礼します」または「失礼いたします」と声をかけましょう
4お盆を置く
*なるべくお客様にカップが正面に来るように。もしくは、瞬時に利き手がわかった場合は、利き手側に持ち手が来るようにしましょう
5お茶を出す
*お茶を出す際、片手で提供せざるおえない場合は「片手で失礼します」または「片手で失礼いたします」
*前から出す際、「前から失礼します」または「前から失礼いたします」と声をかけましょう
6退席する
*なるべく騒がず、静かに退席しましょう

 

ポイント

  • 容器には正面があります。まず、絵柄がある場合は絵柄をお客様の正面にくるようにしましょう。
  • 木目がある場合、木目が横にくるようにしましょう。
  • お菓子を出す際は、お菓子が全て正面に向くように並べます。
  • お皿等の上に置く場合もお皿または容器の正面に対してお菓子も正面を向くように並べましょう。

 

 

言葉使いを習得

尊敬語と謙譲語を覚えましょう。

・尊敬語は:「お」 相手の動作 になる
・謙譲語は:「お」 自分の動作 する

 

相手に対しては尊敬する言葉(尊敬語)を、自分に対しては自分がへりくだる言葉使い(謙譲語)を用いましょう。

例えば、言うは「尊敬語:おっしゃる」ですが「謙譲語:申す、申し上げる」となります。
この他、食べる「尊敬語:召し上がる」ですが「謙譲語:いただく、頂戴する」となります。

 

このように言葉の使い分けがスマートにできる人こそ、社会人ですのでちょっとした言葉のマナーを身につけてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です