作業療法士の学会について

作業療法士の学会について紹介

今回は作業療法士の学会について紹介したいと思います。

みなさんは「学会」は何をするところかご存知でしょうか?「学会」と言われるとよく分からない方や堅苦しいイメージを持つ方も多いと思います。新人の自分には参加し難いなとお考えの方でもこちらのブログを見て参加してみていただきたいです。

そこで今日は若手療法士さん向けに簡単でありますが学会について紹介していきます。


学会(がっかい)とは

学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。wikipedia


学会は療法士が行っている研究を発表する場や症例について発表し議論・討議する場です。そこで今回作業療法士業界での学会の大きな学会としては下記の通りです。

  • 日本作業療法学会
  • 各都道府県士会の学会・学術集会
  • 各学術集団や研究会で行っている学会・学術集会

このほか複数ありますが、上記の学会と参加費について簡単に紹介します。

「日本作業療法学会」 通称:全国学会

一般社団法人 日本作業療法士協会が主催する学会です。学会の参加費は、正会員と非会員と参加費が違います。正会員は事前登録を利用すると12,000円で当日参加は15,000円です。当日参加も可能で当日参加は8,000円となっています。非会員の作業療法士は20,000円で少し高い参加費です。

「各島道府県学会」 通称:県学会等

こちらは各都道府県で行っている学会です。日本作業療法学会に比較して参加費もリーズナブルで小さな規模で行います。気軽に参加できる学会ですので、もし「全国学会」に足を運びにくい場合であれば、各都道府県の学会に参加すると良いです。
各都道府県の学会も充実し始め、イベントを行う士会もあるそうです。また、セミナーも全国学会と同様に行うので是非各士会を調べて参加してください。

このほかに各研究会・学術集団が行っている学会がありますが、こちらに関してはブログで紹介します。

作業療法士が参加できる「医学会」について説明

これ以外に療法士が参加できる学会が「医学会」です。主に医師が主催する学会で学会の規模も大きな所が多いです。医師の参加する医学会も作業療法士業界と同様に大きな規模の全国学会から地方で行われる地方会が存在します。参加費用については学会によって様々です。主な医学会について紹介します。

  • リハビリテーション医学会
  • 日本脳卒中学会学術集会:stroke
  • 日本整形外科学会学術総会:JOA

主な学会ですが、このほかにも各医学会で学会や学術集会が行われています。コ・メディカルの参加費については学会によって様々です。日本脊髄障害医学会はコ・メディカルの参加は6,000円と比較的参加しやすいなどありますので、参加される学会に問い合わせてください。

まとめ

今回は作業療法士主催の作業療法学会から主に医師が主催の医学会について紹介しました。学会と聞くと敷居が高いイメージですがそこまで硬くない学会も多いので足を運んでみてください。


1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です