降圧剤



降圧剤とは

降圧剤の種類について簡単に解説します.Ca拮抗薬,アンジオテンシン,ACE阻害薬,レニン系,利尿薬,β遮断薬などの薬剤と薬理効果について解説します.心疾患を合併する対象者も多くなってきているため知識としてあると良いです.

 

1)Ca拮抗薬
薬理作用:Caチャネルを阻害し血管平滑筋を弛緩させ末梢血管抵抗を減ずる。DHP系と非DHP系に分類され、DHP系拮抗薬は降圧効果が高く臓器血流が保たれるため、第一選択薬として使用される。非 DHP系拮抗薬は刺激伝導系の抑制目的に頻脈性不整脈に対し用いられる。
効果:①冠動脈および末梢血管拡張 ②心収縮力の抑制 ③刺激伝導系の抑制
副作用:どうき、頭痛、ほてり感、浮腫等
2)アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
薬理作用:アンジオテンシンⅡ(AⅡ)タイプ1受容体に特異的に結合し、血管収縮、体液貯留、交感神経活性亢進作用を抑制。
効果:①昇圧系を抑制 ②心保護効果 ③腎機能悪化抑制 ④抗動脈硬化作用 ⑤心房細動発症抑制
副作用:妊婦・両側性腎動脈狭窄は禁忌
3)ACE阻害薬
薬理作用:レニンーアンジオテンシン(RA)系の抑制作用と降圧系のカリクレイン・キニン・プロスタグランジン系の増強作用により降圧を誘発。
効果:①RA系の昇圧系抑制 ②臓器保護作用 ③誤嚥性肺炎予防
副作用:ブラジキニンの作用増強による空咳・血管神経性浮腫による呼吸困難
4)レニン阻害薬
薬理作用:レニン活性部に直接結合し阻害する。
効果:レニン活性の低下
副作用:ARBと同様で少ない。
5)利尿薬
薬理作用:尿細管におけるNaの再吸収抑制により降圧作用を発揮。
効果:Naの再吸収を抑制し利尿を促し、循環血漿量を減ずる。
副作用:低K血症等の電解質≦、耐糖能異常、高尿酸血症
6)β遮断薬
薬理作用:心拍出量の低下、レニン賛成の抑制、交感神経抑制作用。
効果:糖質・脂質代謝の悪化。気管支喘息等の閉塞性肺疾患は近畿。Ⅱ度以上の房室ブロックや洞不全症候群は禁忌。

 

7)α遮断薬
薬理作用:交感神経末端の平滑筋側α1受容体を遮断し降圧する。
効果:平滑筋の士官、前立腺肥大による排尿状態の改善
副作用:起立性低血圧や尿失禁
8)アルドステロン拮抗薬
薬理作用:遠位尿細管と集合管に作用しカリウムの排泄なくNa排泄。
効果:利尿作用・臓器保護
副作用:勃起不全・女性化乳房・月経痛・高K血症
9)選択的アルドステロン阻害薬
 薬理作用:アルドステロン受容体を選択的に阻害し、遠位尿細管と集合管に作用。
 効果:利尿効果・臓器保護作用
 副作用:アルドステロン受容体の選択性が高く、副作用が少ない。
10)合剤 2剤組み合わせたものであり、服薬錠数を減らす。

 

使用方法と注意点

高齢者に使用する場合の留意点など

1)脳血管疾患を有する場合
▷急性期
急性期には原則、積極的な降圧はしない。脳血管障害発生期では高値を示す。自動調節時自体が消失し、わずかな血圧の下降により脳血流は低下する。降圧することで局所脳血流が低下し病巣の増大を起こす恐れがある。さらに、病巣は血管麻痺状態であるため、血管拡張剤を使用すると健常部位の血管のみが拡張し、病巣部の血管は減少する(脳スチール現象)
▷慢性期
降圧薬治療は発症1ヶ月以降から開始。降圧は治療開始後1〜3ヶ月かけて徐々に行う。一般は140/90mmHg未満とする。

 

2)心疾患を有する場合
▷冠動脈疾患
心筋梗塞後はβ遮断薬,RA系阻害薬,アルドステロン拮抗薬がよく用いられる。狭心症では長時間作用型Ca拮抗薬や内因性交感神経刺激作用のないβ遮断薬が用いられる。冠攣縮性狭心症ではCa拮抗薬が適応。
▷心不全
降圧より生命予後の改善が目標であり、RA系阻害薬、β遮断薬、利尿薬の併用療法が標準的治療方法である。ア

 

3)腎疾患を有する場合
▷慢性腎臓病(CKD)
使用薬剤は腎保護作用が期。RA系阻害薬が第一選択薬である。副作用で糸球体透過量の低下は機能的変化であるため、血清クレアチニン値の上昇が軽度であれば、経過観察として投薬を続ける。
▷透析患者
透析患者ではU字型現象がみられ、収縮期血圧が120~160mmHgで死亡率は最も低い。透析前後で血圧変動がみられることもある。降圧薬はCa拮抗薬、ARBが多い。ACE阻害薬は透析性が少なく、アナフィラキシーショックを起こす事もある。α遮断薬は副作用で起立性低血圧が生じる事もある。

 

4)血管疾患を有する場合
▷大血管疾患
急性大動脈解離では迅速な降圧効果があるCa拮抗薬、硝酸薬とβ遮断薬を組み合わせ持続静注を行う。降圧目標は収縮期血圧100~120mmHgに維持する。
▷末梢血管疾患
効率に合併する脳・心血管イベントの発症を予防する目的で降圧治療が重要である。最近では無作為試験でβ遮断薬の安全性が示された。

 

5)高齢者の場合
高齢者では主要臓器血流量や予備機能が低下しているため、急速な降圧は臓器障害の原因となる。60歳以上では降圧薬治療により、脳・心血管疾患の発症が低下することが示されている。特に、血圧動揺性があり、摂取量等により血圧が変動しやすいため、注意する。

 

まとめ

今回は降圧剤について解説しました.
不明点も多いと思いますが,副作用も理解してリハビリテーションを提供していきましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です