半側空間無視



半側空間無視

今回は、臨床の多くの場面で遭遇する、半側空間無視について解説します。
半側空間無視は、諸説ありますが注意力障害説が最も多く聞かれるため、こちらについて詳しくまとめました。
 
 

半側空間無視:症状と病巣

「大脳半球損傷例の反対側に呈示された刺激を報告する(伝える)、刺激に反応する、与えられた刺激を定位することの障害」と定義されています。
具体的には、左側に描かれた絵が欠落するといった症状です。日常生活では、食事を出された時に、左側の食事に気づかない、お皿の左側を食べ残す。
運転の際に左側のミラーをぶつけるといった症状があります。
 

左半球損傷の患者に比較し、右半球損傷患者の方が、重い半側空間無視を呈します。特に、右半球損傷の中でも、側頭・頭頂・後頭葉の接合部位、下頭頂小葉、などが報告として上がっています。多くの半側空間無視は、脳血管障害の急性期に出現しますが、徐々に回復することが多いとされています。しかし、脳梗塞の梗塞範囲によって回復の程度は様々です。
身体周辺の空間領域のUSNは、右前頭葉や右上側頭回で生じ、自己中心の空間のUSNは右下頭頂部の病変といった報告もあります。

USNの病巣
・右側頭頭頂後頭接合部
・下頭頂葉
・視床、基底核、後頭葉、前頭葉、帯状回など

 
 

半側空間無視のメカニズム

半側空間無視は諸説ありますが、その中でも注意障害説があります。注意障害説の中でも、方向性注意障害があります。
Kinsbourneが唱えた説は、右半球は左側へ左半球は右側へ注意を向ける傾向があり、両側の半球間の相互抑制(半球間抑制)によりバランスを保っているという説です。脳血管障害などにより、バランスが崩れた結果、生じるとされています。また、「右半球損傷で左半側空間無視を呈した患者が、左側の探索を行わないのは左向きの注意が不足し、右側に偏った。」という解釈となります。
 
もう一つ代表的な説は、Mesulamらが唱えた注意障害の説です。これは、右半球は左右両側に注意をむけることができるが、左半球は右側のみであるとしました。よって、左半球損傷は右半側の無視を引き起こしますが、症状が軽度で一過性であるとしています。
この他、奥行きの知覚、選択的注意など様々な空間認知の障害を認めます。

 
 

半側空間無視の評価

半側空間無視の評価は下記の通りあります。重傷で検査も行えない場合は、観察を記録する(客観的に行えるように工夫する)ことも大切です。
検査項目に囚われすぎずに行なっていくと良いです。

USNの評価
・線分抹消試驗
・線分二等分試驗
・模写
・バッテリー検査:BIT行動性無視検査日本版
 
 

まとめ

半側空間無視はまだ研究段階が多いですが、多くの脳の部位のネットワークが絡んでいます。
症状もまちまちですが、梗塞範囲が大きいと症状は強く、改善も難しいことも多いです。
まずは基礎を押さえて、どのようにリハビリテーションプログラムを立案するか考えていきましょう。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です