脳梗塞

脳梗塞

今回は脳梗塞について解説します。脳梗塞は脳の血管が閉塞することで、血管が栄養を支配している領域の機能がしなくなり
症状が出現します。血栓は血液の塊ができてその場で詰まることを示します。
そのため、脳梗塞の場合はアテローム血栓性脳梗塞。
塞栓は異物が別のところから流れて血管が詰まってしまうことを示します。
よって、脳梗塞の場合は心原性脳塞栓症となります。
ラクナ梗塞は穿通枝動脈の閉塞、 アテローム血栓性閉塞は主幹動脈の閉塞、 心原性脳塞栓症:心臓からの塞栓子によるもの

 

ラクナ梗塞

脳内の細い動脈の閉塞(穿通枝の閉塞)
病態は高血圧・糖尿病・喫煙などにより細い血管の壁が熱くなり詰まる。原因は高血圧・脂質異常症・糖尿病などによる。
まれに、動脈(穿通枝)が破れると脳出血となる。

主な使用薬剤
点滴投与:カタクロット、キサンボン、オグザレルナトリウム
経口投与:バイアスピリン、プラビックス、プレタール
 
 

アテローム性

脳内外の大きな血管の閉塞で、動脈硬化により血管が細くなり詰まる。
危険因子は高血圧・糖尿病・脂質異常症・喫煙など
特に、虚血性心疾患の合併に注意する。また、ゆっくり閉塞していくため、側副血行路ができることがある。
(側腹血行路ができると、血流がある程度保たれる)

主な使用薬剤
点滴投与:スロンノン、ノバスタン、アルガトロバン、カタクロット、キサンボン、オグザレルナトリウム
経口投与:バイアスピリン、プラビックス、プレタール

 
 

心原性脳塞栓症

心房細動などで心臓にできた血栓が脳で詰まることをいう。
危険因子は心房細動や弁の異常などで起こる。
突然発症し、重症化しやすい。

主な使用薬剤
点滴投与:ヘパリン
経口投与:ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース。リクシアナ
 
 

BAD(Branch Atheromatous Disease)

BAD(Branch Atheromatous Disease)は分枝粥種で、主幹動脈からの分岐部に存在するアテローム硬化病変による。
直径15mm以上の梗塞を示し、MRIでは3スライス以上に梗塞範囲が出現する。
好発部位は放線冠・内包後脚・橋。特徴は、進行性の運動麻痺を示す。

 
 

分水嶺

前大脳動脈、中大脳動脈、後大脳動脈の灌流境界領域を分水嶺と呼ぶ
主幹動脈の高度狭窄に加えて、急激な血圧低下が生じると分水嶺領域は脳血流低下ににより影響を受け、梗塞を起こしやすい.
分水嶺梗塞では、発症直後からの抗血小板薬を使用する。過度な降圧は避ける

 
 

その他

その他、薬剤治療では脳梗塞の急性期のみ脳保護剤(ラジカット)を投与することが多いです。
以下、脳梗塞ついてまとめたので、参照してください
脳梗塞の機序

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です